MiG-29 について

ソ連の空軍により1984年からMiG-29は大規模に利用され始めました。MiG-29の主な目的は、地上の兵士たちを空から支援することでした。

 

MiG-29は、次のような国際紛争に関わる戦闘任務を実行する際に使用されてきました。

 

・アフガニスタン戦争において、ソ連によってMiG-29が使用された

・ペルシャ湾岸戦争において、MiG-29がイラク空軍によってMiG-29が使用された

・トランスニストリア紛争において、モルドバ軍によってMiG-29が使用された

・エチオピア・エリトリア戦争において、エリトリア空軍によってMiG-29が使用された

・ユーゴスラビア紛争において、ユーゴスラビア連邦共和国によってMiG-29が使用された

・カルギル戦争において、インド軍によって爆撃機の護衛のためにMiG-29が使用された

・ロシアの空軍のMiG-29が南オセチア紛争の領土にエアスペースを制御した

・ダルフール紛争において、スーダン空軍によってMiG-29が使用された

・シリア内戦において、シリア空軍によってMiG-29が使用された

 

MiG-29は、誕生から現時点まで、能力を高めるために何度も改良されてリリースされてきました。MiG-29はソ連(後のロシア)の空軍によって使用され、また、以下のたくさんの国に輸出されてきました。

 

アゼルバイジャン、アルジェリア、バングラデシュ、ベラルーシ、ブルガリア、ベトナム、イスラエル、インド、イラン、イエメン、カザフスタン、北朝鮮、キューバ、ミャンマー、ペルー、ポーランド、シリア、セルビア、スロバキア、スーダン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、ウクライナ、スリランカ、エリトリア、マレーシア

技術的特徴:

 定員:1~2名(改修に応じて)

 全長:17.32 m

 翼長:11.36 m

 全高:4.73 m

 翼面積:38.06 m2

 翼スイープ角:42度

 MiG-29の重量(備砲と燃料なし):10900 kg

 通常離陸重量:15180 kg

 

エンジン特性:

 アフターバーナー付きターボファン(Klimov RD-33MKモデル)

 MiG-29のエンジンの最大推力:2 × 5040 KGF(アフターバーナーにおいては2 × 8300 KGF)

 推力ベクトルの偏向:RD-133のあるMiG-BTとMiG-35と変更可能

 推力ベクトルの偏向角:任意の方向±15°

 飛行中にエンジンを始動することが可能

 5人の航空整備士でエンジンを解体するための所要時間:1時間

 

レーダー:

 10個までの空中目標を追跡し、それらの最も急所を攻撃することが可能

 MiG-29と目標の速度の最小差は、150 km/h

 攻撃速度:230~2500 km/h

 攻撃高度:30~23000 m

 3000m以上の高度での目標検出範囲:50〜70 km

 ヘリコプター(180 km/hを超える速度)の検出範囲:23 MSAS km、PPPは17 km 

 

飛行特性:

 最高速度:

  地上:1500 km/h(マッハ1.26音速)

  高度:2450 km/h(マッハ2.3音速)

  巡航速度:850 km/h(マッハ0.8音速)

 

 飛行範囲:

  燃料満タンの場合:1430 km

  外部燃料タンクが2つある場合:2100 km

  フライト時間:2.5時間まで

  実用上昇限度:18000 m

  最大動作加重:9G

 

 装備:

  150連発30 mm GSh-30-1キャノン砲

  最大装備重量:2180kg

  装備取り付け可能箇所:7か所

 

写真: