​ASTRAX論文発表一覧 (List of Papers)

​これまで国際会議で発表してきた論文・発表の一覧です。

国際月面ビレッジシンポジウム (MVA) 2020
Nov. 09-10, 2020

ASTRAX月面シティ開発プロジェクト2020

Author: ASTRAX, Inc.
山崎大地(Taichi Yamazaki)

Abstract:
ASTRAXは、米国のルナ・エンバシーが販売している月面の土地を13年間使用してきました。この土地が法的に有効なのか無効なのかは別の議論に委ねますが、1980年からすでに世界中で600万人が40年近くもの間、そのほとんどが全く使われていない状態で売買され所有されているという事実に注目してください。言い換えれば、月面の土地を購入することは夢に過ぎず、これらの人々のほとんどにとって実際の用途がないということです。
そこでASTRAXは、...

ASTRAX has been using the land on the Moon sold by Lunar Embassy in the United States for 13 years. Whether this land is legally valid or invalid will be left to another discussion, noting the fact that from 1980, the land has already been sold and owned by 6 million people worldwide for almost 40 years with most of them not being used at all. In other words, buying the land on the Moon is only a dream and has no actual use for most of these people.
Therefore, ASTRAX decided ...

ASTRAX LUNAR CITY DEVELOPMENT PROJECT 2020

国際宇宙会議 (IAC) 2020
Oct. 12-14, 2020

宇宙ホテルや宇宙ステーション内で利用する宇宙モビリティシステム『スペーススクーター』

Author: ASTRAX, Inc.
山崎大地(Taichi Yamazaki)

Abstract:
宇宙船の内部で使用される移動機器はまだありません。宇宙サービス会社のASTRAXは、宇宙ホテルや宇宙ステーション内の移動性を向上させるために、数種類のゼロG(無重力)スクーターやスペーススクーターを開発しています。スクーターは、日本の無重力飛行の乗客が魔女やハリーポッターのようにほうきに乗って飛んでみたいという要望から生まれました。ASTRAXはこれまでに ...

There is no mobility equipment used inside of a spacecraft yet. Space services company, ASTRAX, is developing a few types of Zero G (gravity) Scooters and Space Scooters to improve mobility inside of space hotels and space stations. The scooter was born from the demand of the passengers on the zero gravity flights in Japan who wanted to fly like a witch or Harry Potter on a broom. ASTRAX has been ...

Co-Author: ASTRAX KIDS
Yo Okabe, Sota Koike

” SPACE SCOOTER” SPACE MOBILITY SYSTEM USING IN SPACE HOTELS AND SPACE STATIONS

国際宇宙会議 (IAC) 2020
Oct. 12-14, 2020

宇宙旅行のためのASTRAX宇宙サービスカタログシステム

Author: ASTRAX, Inc.
山崎大地(Taichi Yamazaki)

Abstract:
ASTRAXは15年前から複数の宇宙事業を立ち上げています。様々な民間宇宙船を利用した宇宙旅行を販売してきました。また、日本では8年以上前から無重力飛行サービス(月面重力、火星重力を含む)を提供しています。月面の土地の所有者を増やし、月面の住所を管理し、280社以上の企業と仮想都市を作ってきました。10万人以上の方に講演を行い、500社以上の企業にコンサルティングを行ってきました。食、ファッション、...

ASTRAX has established multiple space businesses for 15 years. We have sold space trips using various private spacecraft. In addition, we have been providing zero gravity flight services (including lunar gravity and Mars gravity) for over 8 years in Japan. We have increased the number of owners of land on the Moon, managed their lunar addresses, and made a virtual city with more than 280 companies. We have given lectures to more than 100,000 people and provided consulting services to more than 500 companies. We have launched ...

ASTRAX SPACE SERVICE CATALOG SYSTEM FOR SPACE TOURISM

国際宇宙会議 (IAC) 2020
Oct. 12-14, 2020

ブロックチェーンを利用したASTRAX USP(Universal Service Platform)「ASTRAX太陽系経済圏構想」

Author: ASTRAX, Inc.
山崎大地(Taichi Yamazaki)

Abstract:
人類の活動は、地球から宇宙、月、火星、そしてその先へと明らかに進んでいます。私たちは、地球上の終わりのない課題に対処するために、高度な技術が必要とされるそのような時代に向かっています。ASTRAXでは、この原理を利用して、ブロックチェーン技術を用いた、太陽系規模で統一された宇宙経済圏プラットフォームを開発しています。ブロックチェーン技術をベースにしたこの宇宙経済圏プラットフォームでは ...

Human activities have evidently gone from Earth to space, the Moon, Mars and beyond. We are moving towards such a time where advanced technology will be required to address our unending challenges on Earth. ASTRAX uses this principle through its blockchain technology to develop a unified Space Economic Sphere Platform on the solar system scale. In this space platform based on blockchain technology, ...

ASTRAX UNIVERSAL SERVICE PLATFORM BY USING BLOCKCHAIN TECHNOLOGY

国際宇宙会議 (IAC) 2020
Oct. 12-14, 2020

最新型宇宙サービスアクセスアプリケーションツール「ASTRAX U2U (Universal User Interface)」

Author: ASTRAX, Inc.
山崎大地(Taichi Yamazaki)

Abstract:
誰でも宇宙に行ける宇宙旅行の時代が到来しています。しかし、宇宙での生活を支援するための具体的なツールやシステムはまだ存在しておらず、月や火星、太陽系への宇宙旅行の展開に向けて、その実現が求められています。ASTRAXでは、宇宙サービス事業者がお客様のニーズに合わせて宇宙製品や宇宙サービスをこのプラットフォームに入力するためのアプリケーションツールとして、U2U(Universal User Interface)を開発しています。これは、...

The era of space travel, where anyone can go to space is coming to life. However, there is yet to be a specific tool or system used for supporting everyday living in space, indicating that there is a requirement that needs to see fulfillment before space tourism expands to the Moon, Mars, and rest of the solar system. At ASTRAX, we are developing the Universal User Interface (U2U) as an application tool meant for space service providers to input space products and space services into this platform for customer needs. This means ...

ADVANCED SPACE SERVICE ACCESS APPLICATION TOOL: ASTRAX UNIVERSAL USER INTERFACE (U2U)

国際宇宙会議 (IAC) 2020
Oct. 12-14, 2020

ASTRAX月面シティ開発プロジェクト2020

Author: ASTRAX, Inc.
山崎大地(Taichi Yamazaki)

Abstract:
ASTRAXは、米国のルナ・エンバシーが販売している月面の土地を13年間使用してきました。この土地が法的に有効なのか無効なのかは別の議論に委ねますが、1980年からすでに世界中で600万人が40年近くもの間、そのほとんどが全く使われていない状態で売買され所有されているという事実に注目してください。言い換えれば、月面の土地を購入することは夢に過ぎず、これらの人々のほとんどにとって実際の用途がないということです。
そこでASTRAXは、...

ASTRAX has been using the land on the Moon sold by Lunar Embassy in the United States for 13 years. Whether this land is legally valid or invalid will be left to another discussion, noting the fact that from 1980, the land has already been sold and owned by 6 million people worldwide for almost 40 years with most of them not being used at all. In other words, buying the land on the Moon is only a dream and has no actual use for most of these people.
Therefore, ASTRAX decided ...

Co-Author: ASTRAX KIDS
Koki Kunitomi, Hajime Sano, Haruto Fukaya

ASTRAX LUNAR CITY DEVELOPMENT PROJECT 2020

国際宇宙会議 (IAC) 2020
Oct. 12-14, 2020

宇宙フライトアテンダントサービス及び宇宙フライトアテンダント養成学校の創出

Author: ASTRAX IMAGINE, Inc.
髙橋千惠子・桐原祐子(Chieko Takahashi and Yuko Kirihara)

Abstract:
株式会社ASTRAX IMAGINEは、宇宙飛行士アカデミーとして、宇宙フライトアテンダント(SFA)の募集と充実した訓練を行っています。また、ASTRAX IMAGINEは、高度な訓練を受けたSFAを主に宇宙旅行会社の各フライトに派遣し、乗客へのサービスを提供している会社です。最高水準の乗客ケア、快適性、福祉を提供するためにSFAの育成を計画しており、フライト中の日本人乗客の安全・安心を確保する役割を担っています。私たちSFAは、お客様の ...

ASTRAX IMAGINE, Inc. is a Space Flight Attendant Academy, providing Space Flight Attendants (SFA) recruitment and extensive training. In addition, ASTRAX IMAGINE is a company that mainly dispatches highly trained SFA to each space travel company's flight and provides services to passengers. We plan to train SFA in order to provide the highest standard of passenger care, comfort and welfare, and are responsible for ensuring that Japanese passengers are safe and secure during a flight. Our SFA shall meet ...

Co-Author: ASTRAX, Inc.
山崎大地 Taichi Yamazaki

CREATING A NEW BUSINESS OF SPACE FLIGHT ATTENDANT SERVICE & SFA ACADEMY

国際宇宙会議 (IAC) 2020
Oct. 12-14, 2020

ブロックチェーンを利用したASTRAX月面シティの経済システム

Author: ASTRAX, Inc.
山崎大地(Taichi Yamazaki)

Abstract:
月でコーヒーを買うときには、お金の代わりに自分が持っている価値のあるもの(果物など)と交換して手に入れることができるようにしたいものです。つまり、最初から物々交換が成立している世界であり、地球にあったもっと原始的な時代に似ています。そのため、モノの価値を他のモノと一致させるためには、お金に代わる共通の価値基準が必要になります。地球ではそれがお金でしたが、月ではどこの国にも属さないポイント制が存在する可能性があります。さらに、その価値は ...

When I buy a coffee on the Moon, I would like to be able to get it by exchanging it for something of value (such as fruits) that I have instead of money. In other words, it is a world where bartering is established from the beginning, similar to the more primitive ages that we had on Earth. Therefore, in order to match the value of goods with other goods, a common value standard replacing money will be needed. On Earth, this was money, but on the Moon, it is possible for a points system to exist that does not belong to any country. Furthermore, its value can vary ...

ASTRAX LUNAR CITY ECONOMIC SYSTEM BY USING BLOCKCHAIN TECHNOLOGY

国際宇宙会議 (IAC) 2020
Oct. 12-14, 2020

日本における新型コロナウィルス(COVID-19)問題からの経験や学んだことと宇宙旅行への応用

Author: ASTRAX, Inc.
山崎大地(Taichi Yamazaki)

Abstract:
この問題は、宇宙旅行の時代に入ると、遅かれ早かれ宇宙ホテルにも現れるでしょう。宇宙ホテルや月面、火星で病気の人が新型の宇宙ウイルスと診断されたら、その人は地球に帰れなくなるかもしれません。
たとえ地球由来のウイルスであっても、宇宙船の中で診断されてしまうと、宇宙船に乗っている人は宇宙ホテルや月や火星から出られなくなり、地球に戻ることができなくなってしまいます。
隔離された状態で ...

This problem will also appear sooner or later in space hotels as it enters the space travel era. If a sick person is diagnosed with a new type of space virus in a space hotel, on the Moon, and Mars, that person may not be able to return to Earth.
Even if the virus originates from Earth, if the patient is diagnosed in a spacecraft, the people on the spacecraft will not be able to leave the space hotel, the Moon or Mars, and they will not be able to return to Earth.
Even if you managed to ...

EXPERIENCE AND LESSONS LEARNED FROM THE COVID-19 PROBLEM IN JAPAN AND APPLICATION TO SPACE TRAVEL

国際宇宙会議 (IAC) 2020
Oct. 12-14, 2020

宇宙と着物の必要性

Author: ASTRAX, Inc.
川上泰子(Taiko Kawakami)

Abstract:
商業宇宙旅行の時代が近づき、様々な世代の人たちが宇宙旅行を体験する機会が増えてきます。宇宙に行けば、どこの国の人であっても「地球人」の仲間入りをすることになります。そうなると、私たちはどのようにアイデンティティを表現していくのでしょうか。私たちは、服は一つの象徴的なアイデンティフィケーションのツールだと考えています。服装で自分を表現したいと思ったとき、日本人が選ぶのは日本の伝統的な装いである着物になるでしょう。本稿では、...

As the era of commercial space travel approaches, people from all generations from different countries will have opportunities to experience space tour. When we go to space, we will become one of the “earthlings” no matter where we are from. If that is the case, how will we represent our identities? We believe clothing is one symbolic identification tool. When people want to express themselves through clothing, kimono, a traditional Japanese dress, is likely to be chosen by Japanese people. In this paper, ...

Co-Author: ASTRAX, Inc.
山崎大地 Taichi Yamazaki

THE IMPORTANCE OF KIMONO IN SPACE

国際宇宙会議 (IAC) 2020
Oct. 12-14, 2020

宇宙旅行のために女性が必要とすること

Author: ASTRAX, Inc.
川上泰子(Taiko Kawakami)

Abstract:
商業宇宙旅行の時代が近づいています。民間の宇宙船会社に宇宙旅行を申し込んだ人は10万人を超えていますが、女性は2割以下です。女性の商業宇宙旅行への参加希望率が低いのは、何か理由があるのでしょうか?どうすれば女性の商業宇宙飛行への参加率を上げることができるのでしょうか?女性の多くは、安全面や健康面を理由に宇宙旅行を拒否しています。私は成層圏宇宙旅行を申請する女性として、宇宙旅行が ...

The era of commercial space travel is approaching. While over 100,000 people have signed up for space travel
with private spacecraft companies, less than 20 percent are women. Is there a reason why the percentage of women wanting for commercial space travel is low? How do we increase the percentage of women participating in commercial spaceflight? Many women refuse to travel to space due to safety or health issues. As a woman applying for stratospheric space travel, I have

Co-Author: ASTRAX, Inc.
山崎大地 Taichi Yamazaki

WHAT WOMEN NEED FOR SPACE TRAVEL

国際宇宙会議 (IAC) 2020
Oct. 12-14, 2020

商業宇宙ミッションや宇宙旅行者の船内活動をサポートするための無重力飛行士(ZERO-G-Naut)及び民間宇宙飛行士(ミッションコマンダー)について

Author: ASTRAX, Inc.
山崎大地(Taichi Yamazaki)

Abstract:
民間の宇宙船が飛び始めると、無重力飛行サービスと同じニーズが生まれ、宇宙での異なる顧客ニーズに応えることができるようになります。宇宙旅行者のニーズは、宇宙から地球を見たい、無重力を体験したいというものだけではなく、宇宙で結婚式を挙げたい、映画やCMを撮りたいなど、個々のニーズを実現したいというものもあります。その個別の要望を実現するために、私たちが「ミッションコマンダー」と定義しているミッションサポート宇宙飛行士が重要な役割を担うことになります。これは宇宙船や ...

When civilian spaceships begin to fly, the same needs as the zero gravity flight services will be created to cater different customer needs in space. The needs of space travelers are not limited to viewing Earth from space or to experience zero gravity, but to realize their individual requests such as wanting to have a wedding in space, film movies and commercials, etc. In order to tailor a personalized need, the mission support astronaut which we define as a “Mission Commander” will become an important role. This is not only ...

ZERO-G-NAUT AND MISSION COMMANDER TO SUPPORT COMMERCIAL SPACE MISSIONS AND CUSTOMER ACTIVITIES INSIDE CABIN

国際宇宙会議 (IAC) 2020
Oct. 12-14, 2020

人工衛星を使用した宇宙時代の平和思考と社会経済学(ワンスマイルファンデーションシステム)

Author: One Smile Foundation
辻早紀(Hayaki Tsuji)

Abstract:
人類が宇宙に進出する際には、より良い、より持続可能な宇宙経済システムを模索する必要があります。現在の地球の社会哲学を考えると、将来の人類は、戦争への回帰や環境の軽視など、先人たちと同じ破壊的なパターンを繰り返す可能性が高いです。本稿では、SDGsをはじめとする経済システムや、「ワンスマイルファンデーション」と呼ばれる贈与と富の再分配の新しいシステムを中心に、地球を平和的に利用するための新しいアイデアを探っていきます。

As humans move into space, we need to seek a better and more sustainable space economic system. Given the current social philosophies of the Earth, it is likely that future humans will repeat the same destructive patterns of their predecessors, including a return to war and neglect of the environment. This paper explores new ideas for the peaceful use of the planet, focusing on the SDGs and other economic systems and a new system of giving and wealth redistribution called the "One Smile Foundation".

Co-Author: ASTRAX, Inc.
山崎大地 Taichi Yamazaki

PEACE THOUGHT AND SOCIO-ECONOMY FOR THE SPACE AGE USING SATELLITES

国際宇宙会議 (IAC) 2020
Oct. 12-14, 2020

宇宙技術と宇宙物理学を使った音楽表現(グローバルスペースオーケストラ)

Author: Tsuji Music Office
辻早紀(Hayaki Tsuji)

Abstract:
人類が宇宙に進出しようとしている今、宇宙での芸術表現は未知の分野です。人類にとって文化芸術の果たす役割は大きく、宇宙技術を用いた芸術表現や宇宙物理学に関する活動表現は、芸術分野の進化に値します。
本稿では、人工衛星と宇宙物理学を利用した音楽芸術「グローバル・スペース・オーケストラ」を中心に、宇宙時代の新たな発想を探っていきます。

As humanity is about to enter into space, artistic expression in space is an unknown field. The role of culture and art is significant for humanity, and artistic expression using space technology and activity expression about astrophysics deserve the evolution of the field of art.
This paper explores new ideas in the space age with a focus on the Global Space Orchestra, a musical art form that uses satellites and astrophysics.

Co-Author: ASTRAX, Inc.
山崎大地 Taichi Yamazaki

MUSIC EXPRESSION USING SPACE TECHNOLOGY AND SPACE PHYSICS

国際宇宙会議 (IAC) 2020
Oct. 12-14, 2020

無重力下におけるたこ焼きを焼く方法と月面も模様のたこ焼きを焼く方法

Author: ASTRAX Lab
武原真彦(Masahiko Takehara)

Abstract:
最近では、様々な宇宙船を使った宇宙への航海や月面都市の建設など、宇宙にまつわる様々なプロジェクトが進行しています。今後、私たちの生活圏が地球を超えて広がっていくと、ストリートフードのように宇宙や月で食べやすい食べ物の需要が高まっていくでしょう。"たこ焼き "は、大阪の有名なストリートフードの一つです。小麦粉を使ったお菓子で、中にたこが入った丸いボールの形をしています。この "たこ焼き "は、世界中で人気が出てきています。本論文では、無重力下で ...

These days a lot of projects related to the universe are in progress, such as voyages to space using various space crafts or building the lunar city [1,2,3]. In the future, the demand for food which is easy to eat in space or on the moon, like street food, will increase as our living area spreads beyond of the earth. “Takoyaki” is one of the famous street foods in Osaka, Japan. It is a flour-based snack in the shape of little round ball containing a piece of octopus. “Takoyaki” is even becoming popular around the world. In this paper, a concept for ...

Co-Author: ASTRAX, Inc.
山崎大地 Taichi Yamazaki

METHODOLOGIES FOR MAKING “TAKOYAKI” UNDER ZERO GRAVITY AND MAKING LUNAR SHAPED “TAKOYAKI.”

© 2020 ASTRAX CONFERENCE

  • Facebookの社会的なアイコン
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now